1. HOME
  2. ハワイ旅行の基礎情報
  3. 海外旅行保険

海外の医療費は日本の約10倍

旅行期間に関係なく必ず加入しておいた方が良いと思うのがこの「海外旅行保険」。大概が掛け捨てなので少々もったいない気もするのだが、「加入しておいて良かった!」という事例はいくつでもある。何せ海外の医療費は驚くほど高額で、救急車を呼んで搬送されただけで3万円とか、1日入院しただけで8万円などはザラなのです。現地居住者は住宅と一緒の保険に加入しているため、万が一の際にも安く済ますことができるが、旅行者にはこの「海外旅行保険」しかないのでぜひ加入しておくことをお勧めします。

加入方法
海外旅行保険の適用は渡航前の申込まで。現地で加入しても無効になるため、ツアーの申込み時や渡航前にインターネット等で申込みを済ませておく。万が一加入を忘れてしまった場合は、空港ロビーや搭乗口に加入手続き可能な機械が設置されているので飛び立つ前にお忘れ無く。これが最終加入窓口です。
保険の内容
保険には「基本契約」と「特約契約」の二種類があり、基本契約は大概「旅行中のケガや病気で、医師の治療を受けた場合、または旅行中の事故により、180日以内に死亡または後遺障害が生じた場合」に補償が受けられます。特約保険は各自任意で加入するものなのですが、意識不明の重体で特別輸送機で日本まで搬送して1000万円!等という特殊なケースも少なくないので、可能な限り前向きに検討しておいた方が良いかもしれません。
クレジットカードの付属保険
航空会社系列やゴールドのクレジットカードには自動的に海外旅行傷害保険が付帯されているものが多いので、渡航前にチェックしておくと良いです。ちょっとした風邪やケガなどでワイキキ市内の病院にかかるときなどクレジットカードの保険に入っているというだけでスムースに診察してもらえます。
請求方法
請求は帰国後に、事故証明書(滞在中にアメリカの警察で取得)や診断書(現地や帰国後の病院など)などを添えた専門用紙を指定先に郵送などして完了。特に書類に不備などがない限り、比較的早い期間で補償されます。