1. HOME
  2. ハワイの基本情報
  3. 外貨両替とお金

外貨両替の方法

円→ドルのレートは毎日変動するので、旅行が決まったら銀行のサイトなどを見て、円高の時に両替しておくことをお勧めしておきます。ただし、銀行がレートを反映するのはリアルタイムではありませんので注意してください。空港内の銀行窓口は国内銀行の支店扱いなのでレートは同じです。

最も両替レートが良かったのはワイキキ市内にあった民間の両替所でした。最もレートが悪かったのはホノルル市内のホテルでの両替。手数料が割高なので本当にピンチの時しか使いません。ホノルル空港での両替は$20以上いくら両替しても手数料は一律$5.25 なので、大量両替にはお得です。出国検査を出たあたりに窓口があります。

裏技ですが、もしもお友達などで大量にドルを持ってる人がいたら日本円と交換してもらうと手数料ゼロです。昔海外に行って使わないドルが余って持ってる方は意外に多いので声をかけてみると良いですよ。

アメリカドル

国際キャッシュカード

海外でのお買い物に高額な現金を持ち歩く人はほとんどいません。万が一の際に保険が利くクレジットカードを利用する方がほとんどですが、レストランやベッドメイキングでのチップや、コンビニでの少額な支払いなどにはどうしても現金が必要です。現金の持ち運びが不安な方は、出国前に日本の銀行で国際キャッシュカードを作っておくとたいへん便利です。ホノルル市内(特にワイキキ)にはいたるところにATM(PLUS等)が設置されていますので、国際キャッシュカードを使って簡単に現金(ドル)を下ろすことができます。

ハワイのATM利用時には周囲に人がいないことをよく確認してから利用して下さい。稀にパスワードを盗み見て、後からカードを盗みに行く泥棒がいます。また、現地ATMで引き出せる金額は1回につき$500で、ほとんど全て$20紙幣で出てきます。

クレジットカード

アメリカはクレジットカード天国です。キャッシュを持っている人よりも、クレジットカードで支払いを済ませてしまう人の方が圧倒的に多いです。日本では千円程度の支払いにカードなんて・・・と思われがちですが、ハワイではスーパーの支払いにもクレジットカードが使われています。クレジットカードを保有するには、ある程度の収入審査が必要なため、クレジットカードを保有しているというだけで、ある程度の社会的信用につながっています。高級ホテルやレンタカー等では、一部クレジットカードの提示を求められる場合もあります。(事前支払いで割引対象となることも多いです)

海外旅行保険が付帯している場合もあり
一部のクレジットカード(ゴールド)等には自動的に海外旅行保険が付帯しており、万が一の事故や疾病の際にも適用されます。これが以外に便利で、ちょっとした熱やケガなどで診療を受ける際にもクレジットカードの保険が付帯してるというだけで扱いが変わってきます。また、盗難などに遭ったときや、購入後に詐欺だと気づいた時などにもかなりの確率で助かります。

万が一のキャッシング時には暗証番号を
予定よりも多くの現金が必要になった時などは、クレジットカードのキャッシング機能が役に立ちます(金利手数料はそれなりにつきます)。気をつけなければならないのは、キャッシングの際には暗証番号が必要だということです。渡航前にクレジットカード会社などに確認しておきましょう。

[裏技] クレジットヒストリーを作ろう
将来ハワイ等で暮らしたいと思っている方は「クレジットヒストリー」というものが重要になってきます。アメリカではクレジットカードの支払状況=個人の信用状況になることが多いのです。このクレジットヒストリーの年月が長くて、返済遅延などが無ければ、銀行などでお金を借りる際に大きな信用となり、スムースに事が進むはずです。

ただし現在は日本のクレジットカードのクレジットヒストリーはアメリカではデータ照会できないので、日本のクレジットカードが例えゴールドであっても、アメリカでは「信用ゼロ」なんてこともあり得ます。アメリカでのクレジットヒストリーを築きたい方は、アメックスの「ドル建て」カードを利用するなどをしましょう。消費があなたの信用を築きます!

 

トラベラーズチェック

トラベラーズチェックというのは旅行用の小切手みたいなものです。日本の銀行などであらかじめ手配を済ませ、もらったトラベラーズチェックに2ヶ所にサインをする場所がありますので、購入後すぐに1ヶ所にサインをします。そして現地で使用する際にもう1ヶ所にサインをして、その時点ではじめて有効となり、お釣りは現金でもらえます(チップ銭集めになかなか便利です)最近はクレジットカードの方が便利なので使う方が少なくなりましたが、カード紛失用の予備として持参する年配の方は多いみたいです(高額なお買い物するために)。

メリット
トラベラーズチェックのメリットは、紛失や盗難になっても2ヶ所にサインしない限り使えないので、現金を奪われた時のように資産を減らす心配がありません。電話1本で再発行して再び手元に戻ってきます。あと、サインして渡してる姿がなんとなく格好いい。

デメリット
ホテルの食事やショッピングセンターでの支払い等には使用できますが、露天での買い物など、小さなお店では使用できない場合があります。ですが、ワイキキは観光エリアなので使えるお店は多いです。

両替レートはキャッシュと同じ
レート自体は安いのですが、一部銀行などでは発行手数料(発行金額の1%程度)を要する場合がありますのであまり変わらないかもしれません。